読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めまいプログラマーの徒然

小脳出血でめまいをおこしている プログラマの忘備録

vim (その2 - ファイラー)

Linux を使っているとファイル名やディレクトリ名を入力するのですが、1文字間違うと反応してくれません(そんな名前は無いよ!: No such file or directory といわれてしまう。) TAB で補完すればいいだけど。似通った名前でうろ覚えだと、なかなか目的のファイルを修正するのに時間がかかってしまう。

そんな時は vim に組み込まれている Netrw ( ファイラー)を活用して作業を早く済ませてしまいましょう。

vim . (vimの後にスペースとピリオッドを入力して Enter を押す。)

これでカレントディレクリのファイルやディレクトリの一覧が表示される。あとは目当てのファイルをカーソルキー(,, J , K) で選択すればOK, もちろんディレクトリを選択すれば、そのディレクトリのファイル一覧が表示される。

ファイル一覧を表示中に i キーを押せば、その都度表示形式が替わる。

f:id:xskawabe:20161219202722j:plain

 

CentOS の /etc を表示した場合。

DOS の頃の FD を思い出す!